一般社団法人ベンチ

instagram twitter

PROJECTS

プロジェクト

ハイドロブラスト『ケアと演技』@YAU CENTER

実父の介護と死、「ケア」との出会い―フランス・パリを拠点に俳優としてのアイデンティティを追求してきた竹中香子がいま示す、ケアと演技の交差点

 

2022年に亡くなり、パーキンソン病を患っていた実父の生活に10余年寄り添った在宅介護チームの「ケアの技術」に感銘を受けた俳優・竹中香子は、父の死と「ケア」に改めて向き合うため、高齢者福祉施設にアーティストが一定期間滞在するプロジェクト「クロスプレイ東松山」に参加する。2023年12月の滞在中、「ただ、そこにいる」という立場に一度は俳優としてのアイデンティティ・クライシスに陥りながらも、利用者と介護者と共に過ごす時間の中で、自身が長年取り組む「演技」と「ケア」の重なりを見出していく。誰かをケアをするとき/演じるとき、自分と異なる相手とどのように関わり、想像することができるのか?
ハイドロブラスト代表で近年竹中の盟友として活動する太田信吾の身体と演技と共に、「ケア」の根源に迫るこのパフォーマンスは、決して分かりえない他者とそれでも関わり合おうとする私たちの間に小さな風穴を開けてみせるだろう。

詳細はこちら>>ハイドロブラスト ウェブサイト
https://hydroblast.asia/free/careacting

 

ハイドロブラスト『ケアと演技』

■日時
5月31日(金) 14:00/18:00
6月 1日(土) 14:00/18:00
6月 2日(日) 14:00

開場・受付開始:開演の20分前
上演時間:約70分
10歳以上推奨

■会場
YAU CENTER
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目1番1号
国際ビル1階

■チケット
料金:2,500円
予約:Peatix https://hydroblast-4.peatix.com
※事前精算のみ受付・当日受付なし
※全席自由席 

■プレトークイベント
「ケアを考える」①やどかりハウスをめぐって
日時:5月9日(木)19:30〜
ゲスト:もとしましょう、秋山紅葉(NPO法人 場作りネット)
登壇:竹中香子、太田信吾 進行:宮崎晋太朗  

「ケアを考える」②クロスプレイ東松山公募アーティストを招いて
日時:5月29日(水)18:30〜
登壇:竹中香子、仁禮洋志、野村眞人、萩原雄太 進行:宮崎晋太朗

予約(参加無料):https://forms.gle/jHJBmckn5JBVPLWaA

■スタッフ
作・演出:竹中香子
出演:太田信吾・竹中香子
脚本編集協力:萩原雄太(かもめマシーン)・太田信吾
稽古観察:宮崎晋太朗
舞台監督:守山真利恵
音楽:島崎智子
制作:佐藤瞳
プロデュース相談:武田知也(bench)

宣伝デザイン:内田美由紀(NORA DESIGN)
広報イラスト:satona nishimaki
プレイベント記録・当日運営協力:有吉玲

アーティスト・プロフィール

ハイドロブラスト
2019年に、映画監督の太田信吾がアート作品を手掛ける団体として設立。2022年より、竹中香子がプロデューサーとして加入。企画ごとに役割を規定し、複眼的な作品創作を目指す。ハイドロブラストとは、高水圧をノズルから鋳物の表面に噴射し、掃除をする方法である。社会の中に規定された、あらゆる境界や断絶、固定観念を、芸術という手段を用い噴射することで霧散・除去・洗浄し、社会の多様性を担保することにつなげていきたいという思いで命名された。
https://hydroblast.asia/


主催・製作:ハイドロブラスト
企画制作:ハイドロブラスト、一般社団法人ベンチ

一覧へもどる